カテゴリ:映画( 54 )

映画 「ミーアキャット」

a0061536_16554843.jpg

試写会で観て来ました。
アフリカのカラリア砂漠に生息する身長30cmの野生動物ミーアキャット。
「ディープ・ブルー」や「アース」を手がけた製作チームが完成させたドキュメンタリー映画。
ナレーションは、本作が遺作となったボール・ニューマンンが務めています。
後ろ足で立ったまま日光浴しながら、うつらうつら寝てしまう姿がかわいかったです。
by norio_cestsibon | 2008-12-15 22:00 | 映画

映画 「K20-(TWENTY)怪人二十面相・伝」

a0061536_16283746.jpg

試写会で観て来ました。
楽しめる映画でした。
久しぶりに金城クンを、映画で観ましたがやっぱりカッコよかった。
(この写真は、ちょっとカッコよくないけど、、、)
by norio_cestsibon | 2008-12-11 22:00 | 映画

映画 「猟奇的な彼女inNY」

韓国の「猟奇的な彼女」のハリウッド版リメイク映画のDVD発売を記念した
試写会&日本ロマンチスト協会のイベントにに行って来ました。
a0061536_1617558.jpg

日本ロマンチスト協会が、この映画をロマンスマーク認定第一号作品に認定。
そしてゲストの石田純一さんを、ロマンス宣教師としてロマンスエグゼクティブ称号を授与しました。
a0061536_16173436.jpg

日本ロマンチスト協会なんて、このイベントで初めて知りましたが頂いた石田さんの名刺の裏には、ロマンチスト育成プログラム「6つのアクション」なるものが書かれていました。
1.恥ずかしがらずにチュッとしよう
2.記念日じゃなくても贈り物をしよう
3.ぎゅっと抱きしめよう
4.手を繋げば気持ちも繋がります
5.褒め上手になろう
6.メールじゃなくて手紙で「想い」を伝えよう
by norio_cestsibon | 2008-11-26 22:00 | 映画

映画 「青い鳥」

a0061536_19333629.jpg

試写会で観て来ました。
重松清の同名短編小説を映画化。
いじめによる自殺未遂があった中学校を、舞台にした映画。
いろいろと考えさせられるいい映画でした。
a0061536_19313794.jpg

サプライズで舞台挨拶がありました。
この映画の応援団長として米大リーグ・レイズの岩村明憲内野手と、生徒役で出演している本郷奏多がゲストに来ました。
by norio_cestsibon | 2008-11-18 22:00 | 映画

映画 「ウォーリー」

a0061536_17544219.jpg

試写会で観て来ました。
29世紀、人類はゴミだけになった地球を捨て宇宙に逃れる。
誰もいなくなった地球に残されたのは、たったひとりゴミ処理ロボットの”ウォーリー”
700年間ひとりぼっちで働き続け、映画で手を繋ぐシーンを見ては自分もいつか誰かと手を繋ぐことを夢みるウォーリーのお話。
環境問題を考えたり、地球のことを大切にしたくなる映画でした。

写真は、試写会会場にいたウォーリー。
喋ってました。
by norio_cestsibon | 2008-11-13 22:00 | 映画

映画 「彼が二度愛したS」

a0061536_0425474.jpg

試写会で観て来ました。
孤独な会計士ジョナサン(E・マクレガー)は、弁護士のワイアット(H・ジャックマン)と出会い、人生が一変する。
NYのエグゼクティブの為だけに存在する会員制秘密クラブ。
そこで彼は美しく優美な女達と一夜限りの情事にハマっていく。
そんなある日、地下鉄で見かけ一目惚れした名前がSからはじまることしか知らない、ミステリアスな女性(M・ウィリアムズ)に再び出会い恋に落ちるが、、、
大人のラブサスペンス映画という感じでした。
by norio_cestsibon | 2008-11-06 22:05 | 映画

映画 「イントゥ・ザ・ワイルド」

a0061536_23203213.jpg

1992年アメリカの最北端アラスカ州の荒野でクリストファー・マッカンドレスという若者の死体が発見された。
この出来事に多くのマスコミが大々的に報じ、全米の多くの人々の関心を引いたのは、彼の死があまりにも謎めいていたからだ。
東海岸の裕福な家庭に育ち、優秀な成績で大学を卒業。
そんな人生のエリートコースを約束されていた若者が、ある日すべてを捨てて旅立ち、2年のさすらいの果てアラスカで早過ぎる最期を迎える。
ジャーナリストにして登山家のジョン・クラカワーが追跡取材を元にしたノンフィクション「荒野へ」に心を揺さぶられたショーン・ペーンが映画化獲得に10年近い歳月を費やし、監督、脚本したロード・ムービー。
最期近くこの青年は、一人アラスカの荒野で「幸福が現実となるのは、それを分かち合った時だ」と実感する。
小説「荒野へ」も読んでみたいと思いました。
いろいろと考えさせられるいい映画でした。
by norio_cestsibon | 2008-11-05 22:00 | 映画

映画 ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

a0061536_17484210.jpg

ミュージカル「コーラスライン」の再演のオーディーションに3,000人が詰め掛ける。
その中で選ばれるのダンサーは、たったの19名。
8ヶ月のおよぶ過酷なオーディションを、勝ち抜こうとするダンサー達のドキュメント映画。
素晴らしかったです。
一番好きなミュージカル。
来年の夏には、彼らの来日公演も決定ということで今からとても楽しみ♪
by norio_cestsibon | 2008-11-02 22:05 | 映画

映画 「私は貝になりたい」

a0061536_22182084.jpg

a0061536_22184266.jpg

試写会で観て来ました。
家族愛、夫婦愛、戦争の悲惨さが詰まった映画でした。
個人的に中居正広の父親役には、感情移入できなかったので他の役者が演じたらどうだったろうと思ってしまいました。
11月22日いい夫婦の日公開。
by norio_cestsibon | 2008-10-31 22:00 | 映画

映画 「マルタのやさしい刺繍」

a0061536_225245.jpg


スイスの小さな町に住むマルタ80歳は、最愛の夫に先立たれて生きる気力をなくす。
そんなある日、彼女は忘れけていた若かりし頃の夢”自分でデザインして刺繍したランジェリーのお店をオープンすること”を思い出す。
しかし保守的な村では、そんなものはハレンチだと大騒ぎ、それでも負けずにマルタは3人の友達と一緒に夢を現実のものとするために動き出すというストーリー。

とてもいい映画でした。
お婆ちゃん達が、自分の夢に向かって頑張ったり、車の免許を取りに行ったり、パソコン教室に行ったりと新しいことに挑戦する姿に元気をもらえました。
村の人や家族に意地悪されたり、粗末な扱いをされても負けないたくましさも素敵でした。
by norio_cestsibon | 2008-10-29 22:00 | 映画