映画 「僕のニューヨークライフ」 anything else

2006年1月24日
a0061536_22274022.jpg
ウディ・アレンが、40年近いキャリアで、ほぼ年に一作のペースで監督作を発表してきた中での初めて手掛けた青春映画を観て来ました。
前作「メリンダとメリンダ」を最後に映画製作の拠点をロンドンへと移してしまったアレン。
日本公開は前後してしまったのものの、本作がニューヨーク作品としては最後の貴重な作品ということで、期待大で観に行って来ました。
彼の作品の中でも、かなりのお気に入りの一本になりました。
それにしても、これが最後のニューヨーク作品だなんて本当に寂しい感じ。

a0061536_22275078.jpg
映画の中でも、もちろんアレンは、すご~くいい味出してます。
女優のクリスティーナ・リッチが、気まぐれでワガママな恋人役を演じていますが、何故か憎めない程キュート。
彼女でなければ、許されないと思う。
by norio_cestsibon | 2006-01-24 23:28 | 映画
<< モコモコ帽子 竹中直人の恋のバカンス DVDBOX >>